WORK NOMAL!

【誰と起業するべきか】スタートアップの採用において大切にした3つのポイント

最近よく「立ち上げメンバーはどうやって決めたのですか?」と聞かれます。

その質問をされたときに気づいたことがあります。

自分は「採用コンサルタント」と名乗って活動しているくせに、自分で正社員を採用をしたことがないと…。

アルバイトはたくさんいますが、自分と同じくらいの仕事量で、利益を創出するような社員を自分で雇ったことがなかったのです。

マイナビ時代は偉そうに「どんどん新卒採用しましょうよ!」とか言ってましたけど、そんな簡単なものじゃないということを、本当に心底思いました。

と同時に採用活動は、企業経営をするうえでものすごい重要な位置付けであることも、身を持って体感できました。

というわけで、株式会社NOMALの立ち上げメンバー3名を採用するにあたって重要視した要素を、初心を忘れないためにも記載しておきたいと思います。

これから起業を考えている方や、スタートアップの起業家へ少しでも参考になれば嬉しいです!

スタートアップの採用において大切にした3つのポイント

僕が悩みに悩んで意識した点3点がこちらです。

もはや数字で表せる指標なんてないですね…

採用コンサルをやっているときは、「数字が全てです!」とかなり指標を大事にしていましたが、数字で表せるほど簡単なものではないと知りました。(まだまだ未熟ですね)

大切にした3つのこと

(1)自分に持ってないものを持っていて、それが魅力的か。

(2)もし辞めても一緒に働けて心から良かったと思えるか。

(3)もし会社がダメになりそうなとき、自分を犠牲にしてでも守りたいと思えるか。

起業なので、採用と言っていいのかわからないですけど、でも1番最初の仲間選びはとても大切だと思います。

これからどんな困難が待ち受けているかわからないわけですしね。

自分に持ってないものを持っていて、それが魅力的か。

ここは悩みました。

自分と似たタイプの人間を採用するのか。違うタイプを採用するべきなのか。

自分の行動スタイルは、勢いを大切にして「やってみなきゃわからないでしょ!まずやってみて考えよう」タイプの人間なのですが、弊社役員の近藤は分析も得意です。

しかも、かなりのクオリティで分析してくれます。(前職が元ゼクシイの広告制作なので、プロ中のプロですけど)

競合の傾向、サイトのPV数、マーケティング方法などを事細かに分析します。

自分が勢いでやろうとすると「ここはちゃんと調べた方が良い」「偉い人に意見を聞いた方が良い」と、良い意味でブレーキをかけてくれて、常に地に足がついたアクションプランを設定して実行してくれます。

一緒に立ち上げる前から、なんとなくそういうタイプである気はしていたのですが、行動力と分析力をバランスよく兼ね備えた本当に信頼できる役員と一緒に働くことができました。

彼がいるからこそ、サービスの質も高まり、的確に社会のニーズを捉えたサービスを提供できるようになりました。

自分と同じ強みを持った人と一緒に働いて、より強みを強化していこうパターンの採用もあるかとは思いますが、スタートアップの採用で考えた場合、自分にはない能力×尊敬できる能力を持った人材と一緒に立ち上げる方が良いかと思います。

もし辞めても一緒に働けて心から良かったと思えるか。

これは最初から決めていました。

もし今一緒に立ち上げたメンバーが、将来万が一「NOMALを辞めて独立してみたい」「違う会社で新しい仕事をしてみたい」と言ったとき、心から応援できる人物であるか。

いや…もちろんめっちゃ寂しいし、想像もしたくないけど。

もし、そうなったときにでも、本気でその人の人生を応援できる人物であるか。これはかなり重視しました。

役員3名は、大学3年からの付き合いで、かれこれ7年とかの付き合いになりますし、NOMALを立ち上げる前から一緒に海外旅行に行くような元々友人としての関係があります。

社員と友人では違いますけど、やっぱり友人であるということは、人間的にも大好きな人たちなので、幸せな人生を歩んで欲しいと思っています。

だからこそ、普段一緒に仕事をしているときでも「松本と働いて良かった」と思ってもらえるような時間を、今から毎日創ろうと意識できるようになります。

辞めて欲しくないし、ずっと一緒に働いて色々な世界を見たいけど、そうなったときにでも応援できる人こそ、一緒に仕事をして頑張れるメンバーではないかと思います。

もし会社がダメになりそうなとき、自分を犠牲にしてでも守りたいと思えるか

2つ目の理由ととほぼ同じですね。これは会社の経営が悪化した場合のことですね。

どんな手段を使ってでも、その人の人生を守ってあげることができるかどうか。

そう思える人物であるかを大切にしました。

特に近藤は奥さんもいますし、お子さんが生まれる可能性だってあります。

そんな幸せな家庭をどんな手段を使ってでも守れるか。

自分の生活がどうなってでも守れるか。

綺麗ごとかもしれないし、いざその場になったらできないと思われるかもしれないけど、この点に関しては本当に覚悟を決めたつもりです。

寝る前に何度も最悪な状態を想像してイメージして、それでも「守れる!」と決意できたので一緒に働こうと声をかけました。

以上、これらの3点を確実に満たせると思えたメンバーが、NOMALの創業メンバーです。

これさえ満たしていれば、スタートアップメンバーで失敗することはないのではないかなと思います。

そして、NOMALの場合に限らず、本来採用とはこういうものなんだなとわかりました。

「採用担当者」だと、どうしてもここらへんの意味がピンと来にくいんですよね。

世の中の大手企業の社長も、最初はこういう思いだったはずなんです。

それが、会社が成長するにつれて人事部とか採用担当者というポジションをつくって、今でも本来持っているであろう、こういう思いが会社に伝わりにくいんだろうなと。

だから、採用担当者も「MARCHクラスを採用する」という目標だけのために活動しちゃうんだなーと。

「なんとしても20名採用したい」という目標になるんだなーと。

そういう目標も、もちろん経営をするうえで大切ですけど、本来の採用の意味や目的を、しっかり採用担当者レベルにまで落とし込んだ採用をすることが良い採用に繋がりそうです。

そして今後、採用コンサルをさせて頂く企業様にも、自分自身がこういう気持ちを持った状態で支援をしていこうと思いました。

ABOUT ME
SHOTARO MATSUMOTO
松本 祥太郎(SHOTARO MATSUMOTO) 1987年7月10日 青森県八戸市生まれ|株式会社NOMAL 代表取締役|株式会社つくろう堺市民球団 堺シュライクス取締役オーナー|「自分の人生に期待できる人を増やす」というビジョンを掲げ、誰もが生きたいように生き、働きたいように働ける世の中づくりを目指している。
中小企業向けの人事ソリューションサービス

組織課題発見ツール「Reme for Business」

詳細ページ

オフィスインテリアデザインサービス「Wasabi art design」

詳細ページ

中小企業向け採用コンサルティングサービス「イチカラ採用」


詳細ページ